カテゴリ:WLA( 72 )


2012年 04月 01日

10years

a0145101_039147.jpg

ちょうど今月で自分の手元に来て10年になりました

1942年から今年で70年
自分のところに来るまでの60年間はいったい何処にあって、誰が所有してたんだろうかと思うとちょっと不思議

60年間ですからオーナーの数がそれなりの人数でもおかしくないですね

a0145101_040326.jpg

自分で最後のオーナーになれたら幸いです
[PR]

by daisukeyy | 2012-04-01 00:40 | WLA
2012年 03月 29日

45mph

a0145101_02678.jpg


昨日は親友からの吉報を聞いてとても良い気分になった
諦めかけていた気持ちに少し光明を見出すことが出来たんだな、と思うととても嬉しかった
ちゃんと報告してくれた気持ちも嬉しかった
ちょっと気分が良かったので自分も自分のオートバイを楽しもうと、ちょっとフラッと乗ってきた

その友人もまた新たにオートバイで今まで以上に楽しめたらいいなと思う


HDのSVで一番気持ちの良いスピード45mph

やっぱりオートバイは楽しい
[PR]

by daisukeyy | 2012-03-29 00:26 | WLA
2012年 03月 27日

Night run of one day

a0145101_22363837.jpg


段々と夜の走りが楽しい季節になってきました

これからの季節はちょくちょく夜間に三浦半島ウロウロしてます。
ご一緒して下さる方お待ちしておりますw
[PR]

by daisukeyy | 2012-03-27 22:49 | WLA
2012年 01月 22日

siren repaire2

昨日リペアして意気揚々と乗り出してサイレン鳴らしたら、なんか変・・・
鳴ったり鳴らなかったりで、どうも調子が悪いです

a0145101_23435496.jpg

帰って調べてみると今度はファンのセンターのスレッドが落ちましたw

ファン側のスレッドとセンターのナットのダブルナット構造でシャフトに固定しますが、ファン側スレッドが落ちた為にファンが空回りしてました

70年前のアルミなんかちょっとキツく締めるだけでサクッと舐めますからね・・・
イヤな母材です
女房とアルミは新しい方がいいです


a0145101_2346153.jpg

仕方ないのでセンターにブッシュを挿入することに
まずはセンターのブッシュを製作
7/16-20の左ネジ

a0145101_23464129.jpg

旋盤で丁度良さそうな径まで削ります

a0145101_2347298.jpg
a0145101_2347977.jpg

寸法を取って丁度良さそうな太さで収めます


a0145101_2348183.jpg

ブッシュはこんな感じで完成です
これをファン側に挿入します

a0145101_23485545.jpg

で、今回のメインイベント
すごい緊張しながらの作業です
これ失敗したら代わりのファンなんて手に入りませんです


ちょっと削っては寸法を取っての繰り返しで、少しづつ少しづつ内径を広げていきます

a0145101_23501923.jpg

圧入~♪
後ろのスキカルはヒゲ用トリマーとして10年以上使ってる愛用品です

a0145101_23513523.jpg


無事完成
このあと面取りして終了です

全く手間が掛かる部品だなこりゃw
これでもう大丈夫でしょうw
[PR]

by daisukeyy | 2012-01-22 23:56 | WLA
2012年 01月 21日

siren repaire

先日届いたサイレンですが、「リビルト済み」との事でしたがそのリビルト内容が酷いw
まあ大体、外人の言う「グッドコンディション」というのは日本人のそれとは意味が違うようですw

ブッシュが痩せているのかセンターシャフトがガタガタだったんですよ

ですのでバラして点検してみることに・・・・


a0145101_21341659.jpg


中開けてみたらすごい適当なカラーが入っていましたw
しかもカラーのディスタンスが長くて上下のベアリングの間より長いw

これじゃ上のベアリングを圧入すると下が飛び出るし、下を圧入すれば上が飛び出るしで訳分からないです

ディスタンスカラーの意味が無いw

ですので今回はきちんとカラーとブッシュを製作してキッチリ直しました

a0145101_21372326.jpg

まずはベアリングは上下新品に交換


a0145101_21393371.jpg


a0145101_21403284.jpg

a0145101_21394056.jpg

さらに中間のディスタンスカラーはシャフトのガタを押さえるべく上下ベアリング間の内径でツバ付きで製作
これでシャフトが暴れることはなくなるでしょう

a0145101_21505352.jpg

で、一番の難点がシャフトのナットがナメナメ
サイズを測ると7/16-20UNFと言うサイズなんですが面倒なことに「左ネジ」w

ナット製作しなければなりませんがこんなサイズの左ネジのタップなんかあるのでしょうか・・

と思ったら普通に国内メーカーからインチの細目の左ネジのタップ&ダイスは殆どサイズがありました
きっと世界のどこかの機械でインチの細目の左ネジ使ってるんでしょうね~

a0145101_21443667.jpg

で、タップ立てて・・・


a0145101_21445626.jpg


完成
ガタガタだったシャフトはカッチリとして、さらに滑らかに回るようになりました
これでいつでもサイレン鳴らせますw
[PR]

by daisukeyy | 2012-01-21 21:52 | WLA
2012年 01月 18日

from LINDA

a0145101_22513091.jpg

本日サイレンが届く

a0145101_2251432.jpg

中を開けてみたらこんな手紙が!
ありがとうリンダ!w

一所懸命、日本語を翻訳したとか言ってたけどこれだったのか
うれしいなあ

a0145101_22523227.jpg
a0145101_22523925.jpg

早速取り付けてみた

うひょ~!かっこいい!

早速走ってみましたが、音量は消防車&救急車と同じ音量ですので人が居るところでは鳴らせませんww

でも・・・なんかシャフトのカラーに少しガタがあるので分解して駆動系はOHしないとダメですね
明日にでも取り外して要点検です
[PR]

by daisukeyy | 2012-01-18 22:55 | WLA
2012年 01月 09日

STERLING SIREN

a0145101_23102875.jpg


a0145101_23191768.jpg


a0145101_23202881.jpg

STERLING SIREN for HARLEY DAVIDSON
REAR mounting and made for models from 1932 to 1949

うひゃ~
たまらないなあコリャw

STERLING SIREN の32Rですよ

58やら38Rは見かけますが30年代採用の32Rは中々e-bayでも見かけない一品です
というか、殆どまず見ないですね

しかーし、年始にいきなりe-bayに出現してしまって悶々・・・・

もう金額は後先考えずに海外マニア野郎どもがガンガン畳み掛けてくる入札を勝ち抜いて落札w
うは~・・・支払えるのだろうか?w

でもコレはここ数年で一番嬉しい入手アイテムかも

a0145101_23253047.jpg

リアタイヤ付近に取り付けてペダルを踏むとタイヤにローラーを押し付けてサイレンが鳴るという仕組みです

ウヒャヒャヒャ~ww
早く取り付けたい~


[PR]

by daisukeyy | 2012-01-09 23:23 | WLA
2011年 12月 02日

It has ridden also at work.

a0145101_20295215.jpg

急に寒くなりましたね~

ここのところインディアンばかりでしたが、WLAも乗ってますよ

ちょっと取引先まで書類届けに行ってきましたが、寒い!
[PR]

by daisukeyy | 2011-12-02 20:30 | WLA
2011年 11月 20日

grip



a0145101_2255955.jpg


長年使っていた純正グリップがご臨終になったのでリプロに交換
[PR]

by daisukeyy | 2011-11-20 22:40 | WLA
2011年 11月 15日

gear Consideration

a0145101_2241020.jpg

最近、身の回りで盛り上がってるサイドバルブのミッショントラブルネタw

何年か前にシミゾウのミッションOHの際に見つけたトラブルを再考察

そもそもこのミッションのOHに至る原因はエンジンOHにより、エンジンを下ろしたフレームに乗っかったままのミッションもどうせなら下ろして点検しようというのが始まりだったので、そもそもミッションにトラブルを抱えていたとは思えなかったのですが、開けてビックリ

クラッチギアのドックが欠けてたり、2ndシフタークラッチが酷く段減りしてたりと、かなり酷い状態でした。

幸い、折れたドックは回転中のギアに巻き込まれる事も無くミッションケースの底に落ちてました。

もし折れた破片が巻き込まれていたら当然、走行中に異常を感じるでしょうが、幸いにもどこにも触れずに底に落ちた為にドックが欠けていることも知らずに快調を感じていたという経緯です。

a0145101_22363884.jpg

クラッチギアのドック折れてます

a0145101_2237985.jpg

セカンドシフタークラッチもこんな事に

a0145101_22374748.jpg

上の画像のシフタークラッチをひっくり返したところ
ここもかなり減ってます

a0145101_22383591.jpg

面白いのは、シフタークラッチ側はこんなにも減っているのに、クラッチギア側はドックのエッジも立っていて、減りは確認できません。
両者の硬さの違いが分かります
ただ、どちらも純正かどうかは分かりませんので、この状態が正しいのかは判断できませんです

どちらにしてもギア関係はNOSで手に入るうちにちょっと探して入手しておいた方が良いかもしれません
[PR]

by daisukeyy | 2011-11-15 22:41 | WLA