自転車は山と旅

karl42wla.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 26日 ( 1 )


2012年 10月 26日

transmission

a0145101_2272230.jpg
a0145101_2272772.jpg

ハーレーの45サイドバルブのミッションオイルはミッションケースにドレンボルトが無いためにオイルを抜くことが出来ません

ではどうやって抜くのか?

抜かないんでしょうねw

継ぎ足し継ぎ足しで定期的にオイルレベルさえ見てれば大丈夫と言うことなんでしょうかね

でも趣味で乗るものですからオイルにも拘りたいという事で、みなさんそれぞれ色んな方法で抜いておられるようです

私はいつも注射器でチューブをオイル注入口から差し込んで抜いてますが、抜ける量は微々たるもので、数10cc程度。

バイクを傾けても出てくるのは少量ですし、どうやったら効率よく抜けるかと言うことを予備ミッションで研究

結論はバイクをジャックナイフさせるか、急な坂道をフロントを谷側にして停車させればオイル注入口がミッションケースの底とほぼ同一になります

今度やってみようw
[PR]

by daisukeyy | 2012-10-26 22:09 | WLA