2012年 01月 21日

siren repaire

先日届いたサイレンですが、「リビルト済み」との事でしたがそのリビルト内容が酷いw
まあ大体、外人の言う「グッドコンディション」というのは日本人のそれとは意味が違うようですw

ブッシュが痩せているのかセンターシャフトがガタガタだったんですよ

ですのでバラして点検してみることに・・・・


a0145101_21341659.jpg


中開けてみたらすごい適当なカラーが入っていましたw
しかもカラーのディスタンスが長くて上下のベアリングの間より長いw

これじゃ上のベアリングを圧入すると下が飛び出るし、下を圧入すれば上が飛び出るしで訳分からないです

ディスタンスカラーの意味が無いw

ですので今回はきちんとカラーとブッシュを製作してキッチリ直しました

a0145101_21372326.jpg

まずはベアリングは上下新品に交換


a0145101_21393371.jpg


a0145101_21403284.jpg

a0145101_21394056.jpg

さらに中間のディスタンスカラーはシャフトのガタを押さえるべく上下ベアリング間の内径でツバ付きで製作
これでシャフトが暴れることはなくなるでしょう

a0145101_21505352.jpg

で、一番の難点がシャフトのナットがナメナメ
サイズを測ると7/16-20UNFと言うサイズなんですが面倒なことに「左ネジ」w

ナット製作しなければなりませんがこんなサイズの左ネジのタップなんかあるのでしょうか・・

と思ったら普通に国内メーカーからインチの細目の左ネジのタップ&ダイスは殆どサイズがありました
きっと世界のどこかの機械でインチの細目の左ネジ使ってるんでしょうね~

a0145101_21443667.jpg

で、タップ立てて・・・


a0145101_21445626.jpg


完成
ガタガタだったシャフトはカッチリとして、さらに滑らかに回るようになりました
これでいつでもサイレン鳴らせますw
[PR]

by daisukeyy | 2012-01-21 21:52 | WLA


<< siren repaire2      from LINDA >>